0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内194店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

私のまちにホタルをとばそう! 座間のホタルを守る会

 いっぺい窪緑地を守る会 わさび田クラブ 目久尻川ふるさとネットワーク

ホタルの里親便り(会員のホタル飼育報告)

150813thuホタルの里親便り(会員のホタル飼育報告)

2015年08月29日 12:03

 150813thuホタルの里親便り(会員のホタル飼育報告)

  8月5日
  昨日は初齢幼虫の孵化は見られませんでしたが、今日は4頭孵化していました。大きさを測定するためマイクロルーラー(物差し)と一緒に写真を撮りました。この写真から現在生まれている初齢幼虫の体長は1.25㎜から1.5㎜、体幅0.5㎜弱ということが分かりました。(ルーラーの最小目盛りは0.25㎜)
 先に生まれた幼虫は、早いもので3齢にはなっていると思われ、大きなもので10円玉(23.5㎜)の半分位大きさなので10㎜を超える位の大きさでしょうか。 ナ

  7月30日
  幼虫の発生が終わった頃なので産卵場となっていたスポンジを捨てようと思い、念のため別容器に入れて一晩様子を見ました。翌28日様子をみると12頭の幼虫の姿がありました。(20150728 12頭の写真で見つけてください。12頭正解もあります。)まだ、幼虫の孵化が続いている可能性があるのでスポンジは捨てずに、続けて様子を見ることにしました。
 他に初齢幼虫のクローズアップ写真、団子状に丸まった幼虫が少しずつ開く様子など見てください。(このように丸まると水面に浮いて移動することができます。)
 また、同じ初齢幼虫でも、誕生が遅いほどサイズが小さくなる傾向があるように思います。7月2日生まれと28日生まれを比べて見てください。  ナ

150805wedホタル幼虫 初齢

150805wedホタル幼虫 初齢 12頭

150805wedホタル幼虫 

150730thuホタル幼虫 初例齢 2齢

150730thuホタル幼虫 初例齢 拡大

150730thuホタル幼虫 団子状の幼虫

 
8月6日(木)  
  あまりに暑いので水槽中のカワニナも死ぬものが出ています。また、幼虫の孵化が続いているため、初齢幼虫用にカワニナを補給しました。昼間は、暑くて動けないので夕方5時過ぎから採取に出かけ、まずまずの成果でした。  一番小さそうなカワニナをルーラーで測って(4目盛りで1㎜)みましたが、2~3㎜と言った大きさです。初齢幼虫も1.25~1.5㎜位だったので、餌としてちょうど良さそうな大きさです。 ナ

8月7日(金)
  未だに孵化が続いているとのこと最初に孵化した幼虫と、今孵化しているのとでは大きさにも大分差が出ているのでしょうね。ところで長期間の孵化、数も1,000頭近くになっているのでしょうか?   か

8月9日(日)
 ホタルの幼虫孵化は6日0頭、7日1頭、8日0頭と尻すぼみです。あと2~3日観察しますが、そろそろ今年の幼虫孵化は、終わりのようです。6月26日に最初の孵化を確認しているので、7日現在で42日間孵化が続いたことになります。 1ヶ月以上孵化の時期にずれがあるので、最初に孵化した幼虫は1cmを超えています。自然界では、こうした事情で1年幼虫と2年幼虫が分かれるのかも知れないと感じています。  ナ

8月10日(月)
   N宅のカワニナが誕生しています。水槽の壁面に沢山の稚貝が確認出来ました。石の周りにも沢山稚貝が付着しています。
  金子の飼育槽でも稚貝が生まれていますが、一つ問題が(定かではない)見つかりました。水槽が連結で2層有るのですが、片方はメダカとドジョウを入れてあります、もう片方はメダカも、ドジョウも入れてありません、ドジョウを入れてある方は稚貝の数が極端に少なく、入れていない方はそれなりの数が誕生しています。ドジョウは生まれたばかりの稚貝を食べてしまうのか、もう少し観察してみます。ドジョウは大きくなっており約10cm弱に成長しています。  か

8月12日(水)
  連日30度越える日が続き、35度を越える日もある今年、幼虫水槽は朝夕最低2回水替えしなければ、水が臭くなり一晩で幼虫が全滅する恐れがあります。水槽については、今年は100均ショップでお米を入れる容器を見つけ、これを水槽代わりに使っていますが、カワニナが容器の外に逃げ出すこともなくなかなか良さそうです。 暑さ対策としては、ポンプで空気を送るほかファンで風を送り水温を少しでも下げるようにしていますが、それでも水温は連日30度を越えてしまい、毎日2,3回の水替えで対応しています。(留守の時は、帰った後が大変です。)  幼虫も弱り気味でわずかですが息絶えた幼虫もいます。このため8月末か9月上旬にいっぺい窪の飼育施設へ移動させることを考えています。(昨日いっぺい窪水槽の掃除をして移動の準備を開始しました。)  ナ

8月13日(木)
  10日以降13日までの4日間、1頭の孵化も確認していません。この結果、今年の幼虫孵化を確認できた期間は、6月26日から8月9日までの44日間[並] ということで調査を終了します。以前きちんと調べたときが28日間だったので、来年もう一度全数調査をしてみたいと思います。(最近、だんだん目が悪くなっているので結構大変ですが。) ナ

150806thuホタル幼虫飼育

150806thuホタル幼虫飼育

150810monN宅カワニナ

150812wedホタル幼虫飼育水槽

150812wedホタル幼虫飼育水槽

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

メンバーリスト

ブログ説明

座間市内ホタル生息地の保全活動
会員申し込み・お問い合わせは  事務局へ 046-254-6606 脇田
情報・写真等の提供blog担当へ VZQ03016@nifty.com

フォトギャラリー

6159 / 6795

全て表示する

カレンダー

総記事数: 633

2018 年 06 月
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.