0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内197店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

第4話 護王姫神社

2002年04月22日 00:00

第4話 護王姫神社

護王姫神社

座間警察署から相武台前へ向かう「入谷バイパス」沿いに大きなケヤキの木が茂っています。この木の下に建つ小さな神社には「護王姫」(ごおうひめ:午王姫と書かれる場合もある)と呼ばれる女性にまつわる悲しい物語が伝わっています。この伝説には時代と登場人物の違う数種類のものがあるようですが、ここではそのうちの3つを紹介しましょう。

現在の護王姫神社と大ケヤキ
このケヤキは市内最大、最古のもの


その1 円教寺(えんきょうじ)に伝わる話

護王姫は源義経の妻

平安時代から鎌倉時代にかわる直前、源義経(みなもとのよしつね)は平家を滅ぼしたものの兄である源頼朝(みなもとのよりとも)の怒りをかい、追われて東北平泉の藤原氏のもとへ逃げました。その後を追った義経の妻の一人、護王姫は妊娠していたにもかかわらず、夫を追って必死で東北に向かいました。姫も逃げなければ頼朝に殺されてしまうからです。しかし座間の星谷寺(しょうこくじ)の裏まで来て急に産気づき、大変な難産の末、結局亡くなりました。その墓に植えたケヤキが今の大ケヤキになりました。義経が殺されたのが1189年ですからその少し前なのでしょう。

のちにこの近くにいた僧の夢の中にこの姫が現れ、「私は難産の末死んでしまい、いまだに成仏できません。近いうちにここへ来る徳の高い僧に私の供養をしてもらって下さい。成仏できましたら女の人がお産で苦しむことのないように守ります。」と言ったといいます。徳の高い僧とは有名な日蓮上人(にちれんしょうにん)のことで、姫の霊が望むとおりにしてもらったのがこの神社だといいます。日蓮上人がここを訪れたのは文永八年(1271年)、元の大軍が九州に攻め込んだ「文永の役」の3年前です。


その2 永享記(えいきょうき)と海老名市に伝わる話

護王姫は一色伊予守六郎(いっしきいよのかみろくろう)の妻

室町時代の中頃、政治の中心である幕府は京都にありましたが、東国の重要拠点であった鎌倉を守っていた鎌倉管領(かんれい)の上杉憲実(うえすぎのりざね)と鎌倉公方(くぼう)の足利持氏(あしかがもちうじ)が対立し、これに幕府も巻き込んで戦争になりました。これを永享の乱(1440年)といいます。結局持氏が負けて自殺させられることで終息したかに見えましたが、その家臣だった一色伊予守六郎たちは今の茨城結城市に逃れて再起を図りました。

六郎の妻護王姫は海老名の今泉の館(いまいずみのやかた:国道246号線近く、今泉中学校東方の台地上)にいました。この館にも鎌倉を制圧した幕府軍が攻めてきたとき、話し合いで解決しようと館を出た者はだまし討ちに会い、幕府側にその場で切られてしまいました。残っていた者は少なく、姫だけでも夫のもとに逃がそうと館を脱出しました。しかし館からわずか600~700mの所、現在の海老名市立上星(じょうせい)小学校のグラウンドあたりで追いつかれてしまいました。姫だけは何としてもお守りしろと、男達は大軍の前に立ちはだかりましたが、ほとんど討ち死にしました。(守ろうとしたかいがないという意味でここを今も「かいな坂」といいます)妊娠中だった姫は逃げる途中に現在の相鉄線かしわ台駅のあたりで出産してしまいましたが、追っ手がすぐ目の前にいますので無理をして走り続けました。産まれた子は幕府側の兵につかまり、殺されて目久尻川に捨てられました。

姫は星谷寺の裏にある坂を下り切った所で小さな川に架かる橋を渡ろうとしましたが、川に櫛を落としてしまいました。この橋は今でも櫛橋と呼ばれています。そして橋の反対側の坂を上ったところで姫はついに息を引き取りました。その墓がこの神社であり、出産した場所を産川(さんがわ)と呼んでいます。かしわ台駅の近くで目久尻川にかかる橋を産川橋といいますから、このあたりだったのかもしれません。ときに永享十二年正月二十二日、春はまだ遠かったでしょう・・またその翌年の嘉吉(かきつ)元年、夫の六郎達も結城で全軍討ち死にし、世はさらに嘉吉の乱そして応仁の乱へと向かっていくのでした。

現在の産川橋
坂の上がかしわ台駅です。この坂の左側には「念仏坂」という小さな坂があります。ここが古戦場であるため、地元の人はこの坂を通るとき「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えたのだそうです。女性が使う武器が掘り出されたそうですが、もしかしたら護王姫のものだったのでしょうか。※ここは海老名市です。

その3 座間むかしむかしに記載された話

護王姫は畠山重忠(はたけやましげただ)の娘

その1のお話より10年後、鎌倉幕府最初の将軍源頼朝が死にました。このあと幕府の中では北条氏が大きな力を持ち、自分と対立する者を次々と倒していきました。畠山重忠は頼朝から厚く信頼されていたために北条氏とは仲が悪くなり、1205年に殺されました。

さてその重忠の娘、護王姫はまだ18才で自分の夫が戦に負けたあと北相模(神奈川県の北部)にいると聞いて鎌倉を脱出しましたが、海老名の産川で出産してしまいました。追っ手が近づいているためそこにとどまることもできず星谷寺の裏まで逃げましたがそこにある谷に橋がなく、仕方なく自分の持っていた櫛を橋にしようとしたのですが渡っている最中に櫛が折れ、谷に転落して死んでしまいました。のちにここへ来た日蓮上人が哀れに思って祀ったのがこの神社です。

どれが本当?

3つの伝説はよく似ていますね。これらに共通する護王姫像は
・夫は戦乱に敗れた側の一人である。
・若くて妊娠しており、鎌倉にいる敵に追いつめられて急いで北に逃げなければならなかった。
・逃避行中に出産してしまったが、そのために自分も命を落とした。
・その墓には神社が祀られている。

これだけの共通点があるのに時代や登場人物が異なる3つの伝説、まさかまったく別の3人の護王姫がいずれも偶然ここで亡くなったとは考えられません。おそらくどれかは事実と違うのでしょう…

永享記とは永享の乱にまつわる戦記物語(せんきものがたり)です。戦記物語とは戦乱をえがいた書物で、たとえば平家の盛衰をえがいた「平家物語」や室町幕府の誕生をえがいた「太平記」は有名ですね。戦記物語の内容は主役に肩入れされていて、100%史実と一致するかというとそうではないでしょうが、ある程度は信じられるはずです。(ただし永享記には今泉の館がだまし討ちされたことが数行載っているだけです。今回はこれに海老名市に伝わる伝説を加えてあります。)ではその2の永享記が正しいとすると、その1の円教寺の伝説を否定しかねません。なかなか難しいところです。郷土史関係の書物でも座間市内では円教寺の伝説を、海老名市では永享記を取り上げることが多いようです。

どれが正しいとは言えないのですが、護王姫の悲しい死の話があとからいろいろな話とごちゃごちゃになってしまったと考えるのが妥当でしょう。永享記は救いも何もなくてあまりに悲しすぎますね…円教寺のものは超豪華キャストでさまざまな因果を含みますので、また別の機会に紹介します。

それにしても愛する人を追って身重でありながら逃げなければならなかった護王…しかもすぐ後ろには強大な敵が迫ってきているのです。予想もしない場所で生まれてしまった我が子も失い、ついに夫に会えないまま野中で死んでいった若き姫…私まめこぞうは想像するだけで涙ぐんでしまうのでした。ちなみに私、「ほたるの墓」なんて泣いちゃって最後まで見たことないんです…

まめこぞう

ユーザー写真

ブログ説明

オリジナルカテゴリ

フォトギャラリー

126 / 212

全て表示する

カレンダー

総記事数: 39

2017 年 09 月
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.