0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内197店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

寝るのが趣味

ふとん屋の二代目のプログ

敷きふとん

夏の眠りは冷感より通気性

2017年06月28日 15:15

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

「涼しいと思って使ったら、ぜんぜん涼しくない…」というお客様の声をよく聞きますが、

これは『冷感シーツ』と呼ばれる接触冷感のあるシーツを使った方からよく聞く話です。

寝苦しい夜に冷感シーツを使いたくなる気持ちはわかるのですが、

冷感よりも先に必要な条件があります。

それは『通気性』です。

冷感素材と呼ばれる繊維は、期待するほどの効果は得られません。

最初は冷たくても、体温で暖まれば、やはり暑く感じてしまいます。

寝返りで場所を変えればまた冷えるといいますが、

無駄な寝返りが多いと睡眠の質が下がります。

『冷やす』ことよりも、まず通気性を確保することが先であると考えています。

エアーリブライトは空気層が格段に多いために、

汗をかいても乾きやすく、背中が蒸れにくくなります。

背中の蒸れ感が少ないので、冷えなくても爽やかに眠ることができます。

夏の眠りは、冷感よりも通気性を先に考えることで、気持ちよく眠れると思います。

 
快眠具.com

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

こだわり

夏のふとんは軽いほうがいい

2017年06月22日 14:53

 カナダ産ダウン93%(0.4㎏)ダウンケット ¥29,800 (税込)

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

羽毛ふとんの中羽毛の量は、冬掛けですと1.2㎏以上、

夏掛けですと300g以上となりますが、 側生地の重さは1㎏以上あります。

60サテン側生地 1.09㎏

80サテン 〃  1.05㎏

この側生地を軽量化すると、同じ羽毛ふとんでも更に軽くできるのですが、

綿素材で軽いものはエジプト綿などの高級素材になり、価格が跳ね上がります。

ポリエステルの合繊素材は軽いけど、通気性や風合いに難ありです。

以前から軽い羽毛ふとんを作りたいと思い試行錯誤してきましたが、

昨年に良い素材が見つかりました。

綿と合繊を交織した80/50Dと呼ばれる素材で、

綿65%ポリエステル35%という品質になる新素材です。

この側生地を計量したところ800gでした。

画像は400gのダウン+800gの側生地を使用した

ダウンケット(肌掛け)を計量したものです。

羽毛の掛けは薄くなるほど、側生地の重さを感じてしまいます。

たった200gでも、体感としてはかなり軽く感じると思います。

夏のふとんは軽いほうがいい…と思いませんか?

 
快眠具.com      

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

お手入れ

羽毛ふとん打ち直し(リフォーム)で注意すること

2017年06月15日 18:29

 プレミアムダウンウォッシュ 水洗い後のファイバーや塵

 プレミアムダウンウォッシュ 乾燥後のファイバーや塵

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

気温も上がり、そろそろ羽毛ふとんの打ち直し(リフォーム)

を考えている方もいらっしゃると思います。

そこで注意が必要なのが、羽毛リフォームでも作業の内容によって3種類あるという点です。

ポイントは、ふとんの側生地が付いた状態で洗う作業と、

解体して中身の羽毛のみで洗う作業の違いです。

日本羽毛製品協同組合では、3種類の認定ラベルを発行して内容を区別しています。

この中で、ふとんを解体して洗いと乾燥を行うのはプレミアムダウンウォッシュのみで、

洗いと乾燥の2工程でファイバーや塵を分別できます。

乾燥後には粒のしっかりしたダウンのみが残り、不足分は新しいダウンを加えて作るので、

新品に近い状態でふっくらと出来上がります。

プレミアムダウンウォッシュ以外の作業内容では解体後の洗いではないので、

塵やファイバーはそのまま残ってしまいます。

羽毛リフォームの価格の違い=作業内容の違い→出来上がりの違い…

ということになります。

羽毛ふとんの打ち直し(リフォーム)の際は、必ず作業内容を確認してください。

 
快眠具.com

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

リサイクル

押し入れの古いふとんが蘇る

2017年06月14日 14:41

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

木綿わたの打ち直しは、お客様宅に伺った時に中わたの品質を確認します。

その時に、新しいふとんよりも押し入れに眠っていた古いふとんのほうが綿の質が良い…

ということがよくあります。

木綿わたは打ち直しを繰り返すと、繊維が徐々に短くなって、

初期の弾力性が失われてきます。

まだ打ち直しをしたことがない綿か、打ち直しをした綿かは、中わたを見ればわかります。

30年前のふとんでも、綿の質が良くて打ち直しもしていないふとんは、

ガチガチの煎餅ふとんでも 打ち直しでフカフカの寝心地の良いふとんに蘇ります。

寝具を買い替える時は、押し入れの古いふとんを見直してから考えるのも良いと思います。

たとえ数十年前のものでも、打ち直しをすれば蘇る、お宝が眠っているかもしれません。

 
快眠具.com

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

敷きふとん

「木綿わた」という贅沢

2017年06月11日 18:14

 組子ベッド あんばい焼桐 ¥198,000(税込)

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

ひと昔前は、敷きふとんといえば木綿わたの敷きふとんが主流で、

大多数を占めていました。

現在では、木綿わたの敷きふとんは少数派で、

『贅沢な寝具』といえます。なぜ贅沢なのか?その理由は…

・こまめな日干しと、定期的な打ち直しが必要

・質の良い木綿わたの入手が困難

敷きふとんを日干しするには、ふとんを干すベランダや庭に日照が必要ですが、

日当たりのよい場所でふとんを干せるの環境は、都市環境では難しくなりつつあります。

木綿わたのためには、日干しの回数は多いほうが良いです。

できれば毎日が理想ですが…

お得意様で、木綿わたの敷きを毎日干している方がいらっしゃいますが、

5年以上使用して生地は焼けていますが、中わたはフカフカ感が残っていました。、

日干しをするには、在宅で時間の余裕も必要ということになります。

木綿わたを製綿する工場も多くが廃業してしまって、今では希少な存在になりました。

その少ない製綿工場の中から、昔あったような

質の良い木綿わたを入手するのは難しくなっています。

当店では『アッサム手繰りわた』という高品質な木綿わたがありますが、

それも現在取引している工場からしか入手できないので、

工場が廃業してしまうと入手不可能です。

以前は当たり前の物が、今は贅沢になってしまいましたが、

木綿わたの寝心地は、他の寝具では得られない心地よさがあります。

日干しはできないけど、木綿わたの敷きを使いたいという方には、
組子ベッドがお薦めです。


 
快眠具.com

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

店長

ブログ説明

営業時間
10:00-19:00
定休日
火曜日
TEL
046-253-2809
住所
座間市 さがみ野2-3-10

フォトギャラリー

1 / 176

全て表示する

カレンダー

総記事数: 80

2017 年 06 月
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.