0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内183店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

寝るのが趣味

ふとん屋の二代目のプログ

気になること

鼻で選ぶ

2008年09月18日 12:34

ドイツ製 ビラベック羊毛敷きふとん  ¥50,400

打ち直しもできる、手作り羊毛敷きふとん  ¥27,800

夜、寝床に入る時は蒸し暑く感じても、朝方に冷え込んで、寒気で目を覚ますことがあります。 

この季節の掛け寝具は、エアコンのように湿度と温度を調節してくれる素材がベストですね。

おすすめは、ウール100%(羊毛)の中わたの寝具です。

ウールは湿度と温度を調節する不思議な特性を持つ繊維です。

寝床が暑い時は湿度をコントロールして爽やかに、寒い時は温度調節で暖めてくれる…

そんなエアコンのような特性がウール繊維にはあります。

ウール繊維 断面図 

ウール繊維の特異な構造 

ウール繊維が他の繊維と大きく異なるのは、『親水性』と『疎水性』の2面が備わっている点にあります。

表皮は水などの液体をはじく疎水性、内側のコルテックスは親水性です。

二つの相反する特性が、ウールの優れた特徴であり、ウールだけの長所でもあります。

ところが国産のウールは、色々な加工や薬品で、ウールの長所を消している商品が多いようです。

ウロコ状の表皮を薬品で削ったり、表面を樹脂でコーティングしたり…

「未加工」のままのウールだと、商品化した場合に、羊毛わたが側生地から吹き出したり、固まりやすかったりします。

洋服の場合ですと、未加工のウールには染色できません。

洗浄だけしかしていない「未加工」の商品は、国産ですと、大変少ないと思われます。

【ウール100%】と表示してある商品でも、ウールの能力を100%発揮できない商品が多いようです。

当店では上の画像の2点の商品が「未加工」のウールを使用していますが、
この2点の商品は、ごくたまに「臭い」に関するクレームがあります。

『羊の匂い』といったら、連想できるでしょうか?

輸入品のフィッシャーマンズセーターなどから匂う、あの匂いです。

敏感な方には「匂い」よりも「臭い」と感じるようです。

羊の匂いの元は「ラノリン」という油脂で、化粧品や石鹸の原料にもなったりします。

「ラノリン」は保湿性と抗菌性が高く、ウール繊維の特徴でもあります。

洗いすぎて「ラノリン」を落としてしまうと、ウール繊維の良さも失ってしまうのです。

どうしても我慢できない方の場合は、洗い専門の工場のバイオ洗剤で洗って、ラノリンを落としています。

「匂い」の感じ方は個人差があるので、仕方ないですね。

ウールの商品を買われる時は、「匂う」かどうかを品質の目安にしてください。

「匂う」商品が本物です。

品物を鼻で選ぶ(?)ことも必要かもしれませんね



コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

店長

ブログ説明

営業時間
10:00-19:00
定休日
火曜日
TEL
046-253-2809
住所
座間市 さがみ野2-3-10

フォトギャラリー

163 / 176

全て表示する

カレンダー

総記事数: 80

2019 年 05 月
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.