0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内183店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

リーダーに聞きたい日々の質問

聞かれなければお答えしません...(笑)

コラム...独り言 ( 店舗 接客 社員教育 人材育成 事業継承 後取り 代替り オペレーション カウンセラー コンサルティング 神奈川 東京 横浜 大和 座間 海老名 綾瀬 )

じゃぁ、お前やってみろよ...なんて思われてたりして。

2016年02月17日 16:54

 こんにちは。
タモ吉です。

皆さんは、後輩や部下との関わりで
気をつけていることありますか?

例えば、
新人さんの教育だったり、
店舗スタッフに何かを頼むって場合はどうでしょう?

気をつけなければいけないのは、
年齢や経験なりにこんなことができると思ってはいけないことです。

折角ご縁があって皆さんと働くことになった従業員さんに、
期待する気持ちはよくわかりますが、
一から教えるって気持ちが大事で、
できなくて当たり前...が、
前提になると理解しておいた方が身のためです。
いえ、人を雇い入れるってことは、
そのぐらいの覚悟が必要だということです。

たとえ、面接の時に「できる」と答えたスキルであってもです。
面接時の答えに対しての検証は面接時に確認し、
採用後は忘れてください...。(笑)
「学校でこんなことしました...」ってことも同様です。

「できるって言うから、この程度できるかと思ったよ...」
なんて話は枚挙にいとまがありません。

「先日、面接が人を雇う手段だと思っている方は...」と書きました。
実は、そんなところにも繋がっています。
じゃ、どうすりゃいいの?
は、各ブログの節々からヒントを見つけてください。

例えば、
どれだけの時間でこの作業をやって...
いくら以上でこれを売って(利益を出して)...
どうしてこれに気がつかないんだ...
と、上司先輩は言ったり、思ったりすることがありますね?
ま、確かに結果はダメなものかもしれません。

でも、
どうしてそんな不甲斐ない結果しか出せない部下後輩になってしまったかを
考えたことはありますか?

もしかしたら、
やり方しか教えてないんじゃないですか?
経験や年齢でできると思い込んだんじゃないですか?
もっとひどいのは、
俺のこと分かってくれていると思って、信じていたのに...なんて発言。
ちなみに、やり方しか教えていないなら、
教えた先輩上司以上に仕事ができるようになる
後輩部下は全体の半分いないと思います。

そう、粘土で型を取って複製を作っても、
同様の仕上がりにはならないものです。
ブランド品のコピーみたいなもんで、
その後輩部下はいつになっても本物にはなりません。

結果を見て、
先輩も上司も経営者も怒ります、イライラします。

でも、後輩部下は心の中でこう思っているんです。
『じゃぁ、お前やってみろよっ!』

ちなみに、
「後輩部下は、先輩上司のやらないことできないことはやりません。
やらなくてもいいことでも、先輩上司がやれば真似します。」

以前のブログで作業割り当てを作る際に、
全ての作業をやってみました...と書きましたが、
その時かかった時間を目標タイムだと伝えて、
仕事をしてもらっていました。

それをたまにやってみるわけです。
目標10分に対して、
私7分30秒
アルバイトさん5分45秒
負けてるわけです。
ガリガリ君でもご馳走して負けを認めるんです。

店長の私に勝ったアルバイトさんは
どんな気分になったでしょう?
たかがガリガリ君だけど、
それをご馳走してもらってどう思ったでしょう?
ちなみに、この子は高校生ですが...

結局、店長であった私も完璧じゃぁない。
そんな店長の強い部分も、弱い部分も...
素直に見せてしまうことも、
組織の中での必要性や重要性を理解してもらうために、
必要なことがあるんです。

「センパイカゼ」っていうんでしょうか?
「俺についてこい」みたいに、
食事や、飲みに誘う先輩上司も多く、
それこそが先輩上司だ...みたいな場面に出くわしますが、
後輩部下は行きたくないと思っているケースが、
多分にありますね。
その証拠に、
「行きましょう」って逆なお誘いや、
誘った時に満面の笑みはないことが多いですね。
苦笑いと『あ、はい...』ですよね。

親分肌っていうのは、
「面倒見が良くて頼りになる人」の意味だと思います。
ご飯をご馳走してくれる、年長者のことではないですよね。
やり方しか教えない方...
後輩にトラブルが起きると、姿も影も消すもんです。
頼り甲斐がないばかりか、責任も回避します。
ですから、苦笑いで『あ、はい...』となります。

ある心理学の研究者の言葉ですが、
ご飯をやたらと奢りたがる...イコール征服欲らしいですよ。
やたらと女性を食事に誘いたがる...って人がいますが、
なんだかわかる気がしますね。

後輩部下を征服したり、支配するのではなく、
自らやる気になる方法を考えないと、
戦力じゃないですね...。

1upは自らすることもあるんでしょうが、
経営サイドからすれば、
そんなことに期待してはいけないし、
むしろ、
1upするための導きが必要なんじゃないかと思います。

その方法ですか?
今日もお答えはしません。
上の文章からヒントを見つけて考えてください。



#タモ吉

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

さがみ野 de タモ吉

ブログ説明

限られた人材の中で最高のパフォーマンスを出すヒントがちょっとあります。チームプレイは『個の結集』。個人の能力を引き出すことがタモ吉本来の仕事です。

オリジナルカテゴリ

フォトギャラリー

1 / 1

全て表示する

カレンダー

総記事数: 23

2019 年 05 月
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.