0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内148店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

私のまちにホタルをとばそう! 座間のホタルを守る会

 いっぺい窪緑地を守る会 わさび田クラブ 目久尻川ふるさとネットワーク

栗原遊水地 栗原ビオトープ

200514thu栗原遊水地栗原ビオトープ 水路作業

2020年05月16日 08:19

200514thu栗原遊水地栗原ビオトープ 水路作業 


 5月14日㈭栗原遊水地栗原ビオトープ 水路作業
 初夏を思わせる日差しのビオトープ。参加者は青島、武部、村上、土金、藤松、坂
井、並木の7名。前回に続き水路に堆積した泥の掃き出しを行い、キャベツの補給、クレソン手入れ、ベンチ作成などを行いました。 また、蛍観察に備えてイタチハギの伐採・枝処理、シュロガヤツリ?の切り戻しを行い、水辺を見やすくしました。 

 ※ 前から気になっていた1mを超えるカヤツリグサの大型種(今日の写真にもあります)。「シュロガヤツリ」かもしれません。どなたか正式名をご存じですか?(以下はウィキぺぺディアから引用) シュロガヤツリ (Cyperus alternifolius L.) は、大型のカヤツリグサ属の一種で、観賞用として栽培され、帰化植物としても繁殖している。

特徴 シュロガヤツリは、単子葉植物カヤツリグサ科カヤツリグサ属の植物である。多年生草本で、背丈が1m程度、時にそれを越える大型の植物である。

 地下茎はごく短く横に這い、密生して花茎を出す。根出葉は鞘を作るが葉身は発達しない。花茎は真っすぐに立ち、断面は丸みを帯びた三角で、つやのある深緑である。 花茎の先端からは多数の苞が出る。苞は細長い葉状で、剣のように真っすぐに伸びる。苞は長さ10-20cm、これが輪生状(実際には短縮された螺旋状) に、ほぼ水平からやや斜め上に、上から見ると放射状に広がる。そのため、細長い茎の先端に葉を広げたヤシの樹形のような姿となる。この部分の形をシュロの葉に見立てたのが和名の由来らしい。 ナ

200514thu栗原ビオトープ ベンチ完成

200514thu栗原ビオトープ 

200514thu栗原ビオトープ 

200514thu栗原ビオトープ 

200514thu栗原ビオトープ 

200514thu栗原ビオトープ 

200514thu栗原ビオトープ 

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

栗原遊水地 栗原ビオトープ

200433thu栗原遊水地栗原ビオトープ 作業報告

2020年04月25日 17:19

 200423thu栗原遊水地栗原ビオトープ 作業報告


  4月23日㈭栗原遊水地栗原ビオトープ 作業報告
 4月18日に100ミリを超える大雨が降り、遊水地は1.5m位冠水したようです。 
その影響でビオトープには泥が溜まり、周辺は流木が散乱していました。
 そこで今日の作業は。流木を集め束にして搬出し、水路の泥掃き、クレソンの手入れ、生き物調査などを行いました。参加者は青島、村上、土金、坂井、最上、並木の6名でした。
 大雨が降っても激しい水流が起きない遊水地では時々人為的に泥の掃き出しを行う必要があります。また激流で石が流されることもないので水底の石が泥の中に潜ってしまいます。石の表面は酸素が豊富で生物も沢山着きますが、泥に潜った部分は石の色はきれいですが、無酸素で生物の付着も全く見られません。このため、水底の石を掘り出し浮き石にして生物相が豊富になるようにしています。これが泥掃きです。

  <フラッシュ放流>(ダム用語)

 川を流れる水の量の変化が少ない状態が長い時間続くと、「よどみ」が発生し、河床に汚れなどがついたままとなったり、生態系に悪影響が出たりしますが、フラッシュ放流によってリフレッシュ効果が期待されます。フラッシュ放流は、河川環境の保全・改善を図るための一手法として近年いくつかのダムで実施されつつあります。 

 夕方きれいな虹が見えたのでおまけで添付しました。 ナ

200423thu栗原ビオトープ ソーシャルディスタンス

200423thu栗原ビオトープ 何か採れたかな

200423thu栗原ビオトープ 何か採れたかな

200423thu栗原ビオトープ 産卵床のコケ

200423thu栗原ビオトープ 水位はここまで

200423thu栗原ビオトープ 泥に潜った石

200423thu栗原ビオトープ 泥掃き

200423thu栗原ビオトープ 泥掃き後

200423thu栗原ビオトープ 泥掃き前

200423thu栗原ビオトープ 流木の処理

200423thu栗原ビオトープ 流木集め

200423thu栗原ビオトープ 流木集め

200423thu栗原ビオトープ 夕方のニジ

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

栗原遊水地 栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ作業報告 栗原ビオトープはウグイスがさえずり、カイツブリが鳴き、ハナモモが満開

2020年03月27日 15:58

 200326thu栗原ビオトープ

  3月26日㈭ 栗原ビオトープ
  ウグイスがさえずり、カイツブリが鳴き、ハナモモが満開。 すっ
かり春の装いです。 今日は青島、武部、村上、藤松、坂井、最上、並木の7名が参加。エサのキャベツを補給し、水路周りのセイタカアワダチソウを抜き取り、中高木の強剪定などを行いました。 カワニナは青島さんが補給しています。水路にはアブラハヤやエビ類などが見られましたが、前回確認したヒキガエル卵塊から孵ったはずのお玉は確認できていません。少し残念です。 ナ

200326thu栗原ビオトープ  アブラハヤ

200326thu栗原ビオトープ アワダチソウ抜き取り

200326thu栗原ビオトープ アワダチソウ

200326thu栗原ビオトープ 作業中

200326thu栗原ビオトープ 中高木強選定

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

200326thu栗原ビオトープ

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

栗原遊水地 栗原ビオトープ

200312thu栗原ビオトープ作業報告 ヒキガエルの卵塊

2020年03月13日 17:20

 200312thu栗原ビオトープ

  3月12日㈮栗原ビオトープ作業報告
 春本番の陽気の中、高木を切り戻し、水路観察、キャベツ補給などを行いました。 
参加者は青島、土金、武部、坂井、最上、並木の6名。 水路カーブ上流にヒキガエルの卵塊が1つあり、ふ化も間近と思われます(先日と今日の写真添付)。カワニナは青島さんが少しずつ補給しています。  青島さんの要望で小魚の観察、撮影用にケースを買いました(アブラハヤ写真)。 蓋も付いて具合良さそうですが、実は100均の調味料入れの転用です。 ナ

200312thu栗原ビオトープ 高木切り戻し

200312thu栗原ビオトープ 枝処理

200312thu栗原ビオトープ 作業中

200312thu栗原ビオトープ アブラハヤ

200312thu栗原ビオトープ ヒキガエルの卵塊

200312thu栗原ビオトープ ヒキガエルの卵塊

200312thu栗原ビオトープ

200312thu栗原ビオトープ

200312thu栗原ビオトープ

200312thu栗原ビオトープ

200312thu栗原ビオトープ

200312thu栗原ビオトープ

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

栗原遊水地 栗原ビオトープ

200226wed栗原ビオトープ活動報告 ホタル幼虫放流

2020年02月29日 17:12

 

 
 2月26日㈬ 栗原ビオトープホタル幼虫放流
 朝からの小雨がようやくやんだ2月26日、午前10時から金子さんが育ててくだ
さったゲンジボタル幼虫115頭の放流を無事行うことができました。 この内1割が飛翔してくれればと願いながらの放流です。 ナ

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

200226wed栗原ビオトープ幼虫放流

 


 213() カワニナ放流と次回幼虫放流のお知らせ
  
朝から不安定な天気のため作業は行いませんでしたが、11時から青
島、藤松、坂井、最上、並木の5名でカワニナを採取し放流しました。 あまり沢山は採れませんでしたが、次回の幼虫放流に向けた準備です。 幼虫の放流は、次回の作業日227()10時から行う予定です。放流数は100頭余りを予定しています。都合の付く方のご参加をお待ちしています。 ナ

200213thu栗原ビオトープ 海老名へカワニナ採取

200213thu栗原ビオトープ 海老名へカワニナ採取

200213thu栗原ビオトープ 海老名へカワニナ採取

200213thu栗原ビオトープ カワニナ放流

200213thu栗原ビオトープ カワニナ放流

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

200213thu栗原ビオトープ 

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

メンバーリスト

ブログ説明

座間市内ホタル生息地の保全活動
会員申し込み・お問い合わせは  事務局へ 046-254-6606 脇田
情報・写真等の提供blog担当へ VZQ03016@nifty.com

フォトギャラリー

191130sat目久尻川ふれあいウオーク 

2234 / 11046

全て表示する

カレンダー

総記事数: 865

2022 年 01 月
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.