0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内148店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

私のまちにホタルをとばそう! 座間のホタルを守る会

 いっぺい窪緑地を守る会 わさび田クラブ 目久尻川ふるさとネットワーク

ニュース・イベント

第28回東地区文化祭展示報告

2008年10月28日 21:11

081024 東地区文化センター 第28回文化祭

平成20年10月24日(金)25日(土)26日(日)
 東地区文化祭展が3日間の開催を経て本日26日無事に終了しました. 展示説明光景の25日画像は昨日金子さんが報告しています。私は24日初日と今日の説明当番に立ちましたが、初日の画像を添付します。
初日24日は本降りの雨が終日続いたために平日であったこともあり来場者は少なく、文化祭参加団体の会員が主だったようです。約60名  2日目は晴れて出足もよくてにぎわいました。108名 3日目は曇りがちで午前中から午後の前半には多数の来場者がありました。162名
ホタル幼虫の展示は良かったです。来場者はホタルの飛ぶ季節は知っていても、この時期はどうしているかは知りません。幼虫が水の中で過ごしていることや、丁度、脱皮をはかった幼虫2匹の白色の姿も見てもらえました。実際、私も初めて脱皮したばかりの幼虫を見ました。
川内さんの撮影の「初夏の谷戸、ホタル舞う」の写真は来場者に感心をもって見てもらいました。そして、写真から実際に飛ぶいっぺい窪や谷戸山公園に話しがつながって、座間のホタルの宿マップは場所説明に好都合でした。
私たちの活動がいっぺい窪保全、ホタルの里復活、目久尻川清掃活動に多方面に及んでいることも、来場者に理解してもらえて思います。電子ホタル暗箱は子供たちばかりでなく大人も楽しんでくれました。
目久尻川散策絵図に関心持つ方のワンコインカンパにより、いっぺい窪保全の賛同の募金箱は重くなりました。
23日の設営から26日の撤収までの間に、当番担当の皆さんお疲れ様でした。23日5名、24日3時間帯延べ7名、25日同7名、26日同9名、26日撤収5名。また、来場をしてくれました会員の皆さんにお礼申し上げます。 脇田

25日の東地区文化祭でのホタルを守る会展示コーナーの模様を添付します。
座間さん、知久さん、新井田さん、田中さん今日の当番ご苦労様でございました。座間さん、知久さんには午前、午後の長丁場の担当本当にご苦労様でした。今日は昨日とは打って変わっての晴天に恵まれ出足も良かったようです。12時から~14時までの時間帯が一番出足が良く47名の人が立ち寄ってくれました。基金への寄付も多く大きいお札が何枚かはいりましたが散策絵図を渡すことが出来ず、申し訳ないことをしてしまいましたが、皆さん喜んで、川もきれいになり、ホタルの飛翔も徐々に増え始めていますねと、喜びと、ねぎらいの声を掛けて下さる人も増えてきました、この展示を機にますます弾みが付けばいいなと思います。  2008/10/25  かねこ

081024 東地区文化祭

081024 東地区文化祭

081024 東地区文化祭

081025  東地区文化祭

081025  東地区文化祭

081025  東地区文化祭

081025  東地区文化祭

081025  東地区文化祭

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

目久尻川ふれあいウオーク

平成20年11月29日(土)目久尻川ワンデーウオーク

2008年10月28日 20:32
コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

ホタルの里親便り(会員のホタル飼育報告)

ホタルの里親便り 3 ホタルの幼虫脱皮の記録

2008年10月28日 20:27

081023 幼虫の脱皮

 

ホタルの里親便り-3 平成20年10月23日
会員の皆さんへ
 便り-2号で、孵化後約60日の様子をお知らせしましたが、水中生活を送る幼虫にとっても快適な季節?を向え、その後も順調に成長しているようです。 本号では成長の過程で繰り返される、脱皮の様子を中心に報告します。
経過:・9月18日に坂井さんより沢山のカワニナを提供頂き、食欲旺盛な幼虫の餌の心配は当面解消しました。  ・成長の遅れが目立っていた一群も、成長の早いグループと分けての飼育結果、餌の捕食が十分成されてか、遜色ない大きさに成長してきた感じです。 ・飼育槽の中では、脱皮が盛んに繰り返されています。 明確には判りませんが、成長の早いものは4令くらいに達していると思われます。 注)成長の過程で脱皮を6回程度する。
記録:①孵化後の経過日数: 約100日  ②脱皮の様子とその後の変化 別添参考写真:・古い衣服を着替え中-1・2・3 (身体を伸ばしたり、丸めたり、縮めたり)  ・純白のドレスに衣装変え着替えを終え、時間を経ての変化(本来の斑点が)
これからに付いて: ①10月例会記録の通り、12月17日の会員交流会で各活動拠点を巡視する際に、幼虫の放流を予定しています。例年は2~3月の適当な時期に放っていましたが、各地点の環境が整って来ましたので、その時期を早めます。その結果を踏まえ、来年は更に早期に放流したいと思っています。 ②放流までの残り2月余り、給餌量と水質管理に気遣いながらその成長を見て行きます。 引き続き上手く行きますよう願っています。
                                 2008.10.23 金武

081023 幼虫の脱皮

081023 幼虫の脱皮

081023 幼虫の脱皮

幼齢期飼育槽の中のようす

 

会員の皆さんへ  先の里親便りで、産卵、孵化直後の様子をお知らせしましたが、暑さの盛りも無事乗り越えました。幼虫と一緒に一息つきながら、順調に成長中と思われる最近までの状況を報告します。
経過:・先の便りで、給餌も上手く行き始めたと報告しましたが,初期の生存率を如何に高められるかを、一番の課題にして取り組んでみました。最初の二週間余りは、日に日に数が少なくなる様な感じで、夏を越える頃には全滅?も考える、気のもめる毎日でした。実際には、餌として与えたカワニナの何処かに潜り込んだりして居たのでしょう。 ・ 特にに気遣ったのは、放置すれば日中には軽く30度を超えてしまう、庭先に設置した育槽の水温をいかに25度以下に保持するかという事が、単純でありながら実際にかなりの難問でした。何とか乗り越え成功  ・次の課題は、幼令期の餌の確保でした。理想とされる1~2ミリ程度のカワニナを数多く一連の飼育施設の中から採取するのは容易ではありません。日の経過と共に、大きなカワニナの殻を砕き与えるようにしましたが、水の傷みを生じさせない、適量管理も結構なハードルでした。一応、今日までの餌(カワニナ)の供給は、飼育施設から自給で済ませています。ただ水温も下がり、ますます食欲旺盛に成るであろ事を想像すると、何時まで続くか少々気になる所です。
記録:①孵化後の経過日数:約65日② 成長の様子別添:参考写真:・孵化直後(長さ1.5*太さ0.2 mm)注、再掲示 ・孵化三週間後(大・長さ4*幅1mm) ・孵化60日後(大・長さ16*幅4  小・長さ3*幅0.8 mm) ・幼令期飼育槽の中の様子 ・改良した幼令期飼育槽
これからに付いて:本日(9/12)成長の良い幼虫を、本来の飼育槽に移し替えしました。②成長の遅い一群は引き続き(9月末頃まで)、幼令期飼育槽で観察しながら飼育 して見ます。 ③引き続き水温・水質管理、十分な給餌(質、量)に気を配り「里親便り」の続 が送れるよう頑張って見ます。       2008.09.12 金武

ホタル孵化60日後

080729ホタル孵化3週間後

080705ホタルの孵化

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

メンバーリスト

ブログ説明

座間市内ホタル生息地の保全活動
会員申し込み・お問い合わせは  事務局へ 046-254-6606 脇田
情報・写真等の提供blog担当へ VZQ03016@nifty.com

フォトギャラリー

181022mon富士宮市 音止の滝

3746 / 10784

全て表示する

カレンダー

総記事数: 852

2008 年 10 月
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.