0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内162店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

第29話 龍源水

2005年10月10日 00:00

第29話 龍源水

第29話 龍源水(りゅうげんすい)


さて、まめこぞうの旅はもともと市内小中学生の皆さんに向けて書いているのですが、生徒さんたちから最もリクエストが多いのが座間のわき水です。
それにお答えして今回からわき水をシリーズでお送りしましょう。まずその第1弾は龍源院にあるわき水、龍源水です。

龍源院


室町時代の中頃、応仁の乱が始まる数年前の寛正(かんしょう)二年(1461年)、桜田伝説の渋谷高間(しぶやたかま)が妻と娘達の死を知ったあと僧となり、自分の家を寺にしたのが寺の始まりといわれています。(まめこぞうの旅、桜田伝説参照)
もとは護王姫神社(まめこぞうの旅、護王姫神社参照)の近くにあったようですが、戦国時代に今の場所に移されたとしてもすでに400年以上がたっています。

崖(がけ)とわき水


 座間市は平らな部分と崖の部分からなる何段もの階段状の地形をしています。これを「河岸段丘」(かがんだんきゅう)と呼びます。ここに数万年前まで相模川の河原だったあとを示すレキ層があります。座間市のわき水の多くはこのようなレキ層にしみこんだ水が、崖の部分でわき出してくるものです。
くわしくはまたいずれ・・・

龍源水


龍源院本堂の右手裏から清らかな水が豊富にわき出しています。これを「龍源水」(りゅうげんすい)と呼びます。参道の一番奥からわく水は、水面にさざ波を立てるほどの勢いがあります。
池のように水が広がった部分は昼でも薄暗く、まるで別世界・・・ここにいるとお寺ができた戦国時代にもどったような不思議な感覚にとらわれます。

水がさざ波を立てるほどわいています

池のあたりは昼なお暗く・・

さらに墓地の横をとうとうと流れて寺の外へ出た水は、平成のはじめまで生活用水として野菜や食器を洗うのに使われていました。まめこぞうは昭和の終わり頃、タワシとお茶碗が置いてあったのを見たことがあります。

ホタルの公園


 龍源院のすぐ前は「ホタルの公園」と呼ばれ、この水の流れを中心に周辺が町ごと整備されました。四季折々の花が咲き、水の流れる音と虫の声だけが聞こえるのどかな雰囲気の中でベンチに腰掛けていると、悪いストレスなんか消えてしまいます。

 水の中には小魚の他にカワニナやシジミ、ニホンザリガニ、サワガニ、そしてホタルの幼虫などがいます。どれも都市化が進んだ町では貴重な生き物ですが、特に夏になると光るホタルが見られます。といっても完全に自然のホタルというわけではありません。地元の人々がホタルとその餌になるカワニナを努力して育てていらっしゃるのです。
ニホンザリガニって、アメリカザリガニとは違って泥と同じ色をしていて少し小型のザリガニですが、今では珍しい生き物なんですよ。

左はシジミ(死んでいますが)、右はカワニナ、上はサワガニです。

弁財天(べんざいてん)

 水のわき出す所の横にはちょっと変わった石像がまつってあります。それはとぐろをまいた大きな蛇の上に人の首が乗っているというものです。これを龍源院では「弁財天」と呼んでいますが、

この石仏、もともとはここにあったほらあなの奥に安置されていましたが、穴がくずれてしまったために外に出され、その後お堂が造られて今のようになりました。ちなみに崖はちょっと前まではレキがむき出しだったのですが、今は竹や木が生えて森のようになっています。

弁財天か宇賀神(うがじん)か


 弁財天というのは水神様で、普通、琵琶(びわ)を持った女性として描かれることが多いようです。七福神のメンバーの一人ですね。でもここにある弁財天は蛇と首・・似ても似つかないものですが、本当は宇賀神と呼ばれる神様なのです。

 宇賀神とは日本古来の神様で、本来は稲そのものをご神体とし、やがて水のわく所を守る水神様としてまつられるようになりました。宇賀神の姿はとぐろを巻いた蛇の体に人の頭を乗せたものが多いのですが、人は女性である場合も男性の老人である場合もあります。蛇と首は別々のものではありません。宇賀神とはこのような姿をしているのです。

 龍源院にある石像についてある解説には「女性の首が乗っている」と書かれていますが、それは間違いです。おそらく髪型を見て女性と思われたのでしょうが、これは男の神様です。よーく見て下さい。男でしょ?
ほら、ひげがはえてる。

 仏教が伝来して国内に広まっていったとき、もともと日本にあった神様と新しく入ってきた仏様はあまり区別されることなくごっちゃになってしまいました。これを神仏習合(しんぶつしゅうごう)と言います。同じ水をまつった神様と仏様は同じように扱われ、そのうち名前も姿もごちゃ混ぜになったのです。ですからある場所では宇賀神の像を弁財天と呼び、またある場所では弁財天の像を宇賀神と呼んでいても、「それは間違っている!」とは言い切れないのです。その土地の人が長い間「弁財天」と呼んでいるなら、それは弁財天でいいのです。
と言いながら、まめこぞうはやっぱり龍源院の像を宇賀神と呼びたいのですけれど・・・

不動明王(ふどうみょうおう)


 龍源水の池がせばまった所に橋がかかり、その横に不動明王の石像がたっています。
背中に炎を燃え上がらせたこの仏様がなぜ水の中に?もともと水を守る仏様というわけではなかったのですが、滝のような所で修行(しゅぎょう)をしていた修験者(しゅげんじゃ)がその場に不動像をまつっていたことから水との関わりが強まって、いつのまにか水神と同じように水のわく所にまつられるようになったと思われます。市内には不動明王の石像や木像がいくつもありますが、わき水に関係あるものとしては他に心岩寺(しんがんじ)の池にもあります。

おまけ

ホタルの公園、この日は萩が美しく咲いていました。

公園に作られた水車。昔は本物が回っていたとか・・

第28話 砂利運搬トロッコのレール発見

2005年06月22日 00:00

第28話 砂利運搬トロッコのレール発見

砂利運搬トロッコのレール発見



最初におことわりを・・この記事はすぐ書き換えるだろうと思いますが、とりあえずここに公表します。

明治、大正、昭和、日本は爆発的な発展をとげてきました。特に都市部の変容はただただ驚くばかりでした。この都市をかたちづくってきた道路、ビルなどの建設には大量の「砂利」が絶対必要でした。
今、建設用の砂利は砂やれきの地層でできた山を崩す(千葉県に多い)か 硬い岩石の山を砕いて(神奈川県でも愛川町や山北町で行われています)手に入れます。さらにそれを運搬するのには大型の自動車、いわゆるダンプカーを用いています。
しかし明治大正から昭和初期にかけては京浜地域ではこの砂利をおもに多摩川や相模川の河床から採集していました。しかも運搬手段は鉄道だったのです。

砂利を運搬するための鉄道


多摩川の砂利を運ぶためにつくられたのが西武多摩川線やJR南武線で、相模川の場合はJR相模線でした。(そういえば父が昔、南武線のことを「砂利なんとか」って呼んでましたっけ。なんて言ってたかなぁ・・)
どれも今は人間を運ぶのが当たり前ですが昔は同じレールの上を、砂利を満載した貨物列車が走っていたのです。

砂利運搬トロッコ線

さて、相模線は相模川に並行して敷設されたとはいえ、河原からはかなり離れています。
そこで河川敷と鉄道を結ぶ別のレールが敷かれました。このレールはかなり細く、レールとレールの間の幅も短くて、その上には砂利運搬専用のトロッコ列車が行き来しました。

トロッコといえば・・・あの「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」の中で活躍していたやつを思い出すんですが・・実際にあんな大きさだったようです。

座間では四ッ谷の集落を東西に横切り、入谷駅に通じるトロッコ線がありました。
今はすべてのレールが撤去されていますが、四ッ谷の中心、日枝神社の北側道路がそのあとです。この道、ほぼ東西に延びていますがなぜこんな所にこんなに太い道路があるのだろう?と以前から不思議に思っていたのです。道の半分はトロッコ線の軌道だったのですね。

川砂利採集の禁止


河床には石ころが無数にあるのですから、砂利をいくら採集しても上流から供給されると思われていました。しかし!予想しないことが起こり始め、それを止めることができなくなってしまったのです。
それは河床の低下でした。砂利を掘り取ったところが低下するのは当たり前ですが、川全部が低くなっていったのです。上流にダムができたからという人もいますが、上流から流れてくるより多くの石を採集してしまったため、そのバランスをとろうとして川全体が下がったのです。

これは前代未聞の大事件でした。川が低くなれば洪水が起きにくいという利点があるかもしれませんが、第1に鉄道や道路の橋を架けてある橋脚が浮き上がり、通行できなくなる可能性が出てきました。このため鉄道の橋脚は下駄をはかせる大工事を行わざるをえませんでした。また、川から直接取水していた農業用水路に水が入ってこなくなってしまいました。これでは相模川周辺に広がる広大な耕地が使い物にならなくなってしまいます。

ことの重大さに気づいたのはかなり遅く、昭和39年(1964年)3月末日,多摩川・荒川・相模川などでの砂利採取は全面的に禁止されました。ちょうど東京オリンピックの年ですね。

戦後の復興


ちょっと話ははずれますが・・戦後の復興にこそ砂利が大量に必要だったと思われますが、すでにこのころ河床からの砂利採取はあまり行われなくなっていました。理由は先ほど書いたとおりです。
そして昭和30年代後半、東京はオリンピック開催に向けて大変身を遂げつつありました。
まめこぞうも東京育ちですので目の前で町が姿を変えていくのを見ました。家がごっそりなくなってあっという間に大きな道路ができていく・・練兵場のあとに巨大なスタジアムが建ち、「夢の超特急」新幹線が開業し、日本がふたたび立ち上がったとき、このトロッコは役目を終えたのですね。

トロッコのレール発見!

さて本題!ここまでの説明が長くてすみませんが・・

右の地図を見て下さい。
青の矢印ではさまれた道路がトロッコ線のあとです。
赤の矢印の地点、日枝神社の向かい、消防団の建物のすぐ前にどぶのようになっている水路があります。この側面に、なぜか鉄道のレールが2本、垂直に立っているのです。これこそトロッコ線のレールでしょう。
場所はまさに昔レールが通っていたところです。小田急線や相模線のレールに比べるとかなり細いものです。
これはこのまま放置しておけばいずれ廃棄されることは目に見えています。どうにかして保存できないでしょうか。まめこぞうの家に置いておけって?それは勘弁して下さいよ・・・寝られないですよ。

消防団の建物。
この右側の細い道がトロッコ線路のあとです。

反対側、日枝神社の北側。
この道もレールが通っていたあとです。

消防団横の側溝に・・

レールが垂直に・・

間違いなくレールです!

第27話 雷電が座間に残っていた

2005年05月24日 00:00

第27話 雷電が座間に残っていた

第27話 雷電が座間に残っていた


このまめこぞうの旅では何度も高座海軍工廠の話題を取り上げ、「何か残っているようならお知らせ下さい」とうったえてきましたが、来ました!60年間保管されていた歴史が!

雷電残存の知らせ


まめこぞうの旅をご覧になった南栗原のある方(仮名:○さん)から、「うちに雷電の機体の一部がありますよ。」と教えていただき、さっそく拝見してきました。
これは高座工廠で終戦時に廃棄された雷電の一部で、○さんの庭にある井戸穴に子供が落ちたりしないように、ふたをするのにちょうどいい大きさだったのでもらってきたのだそうです。それから60年、今ではもっと頑丈なふたがあるのですが、その上にかぶせるように置かれてまだ健在です。

○さん宅にあった雷電の一部
人の立っているところが操縦席

終戦時、高座工廠に取り残されていた雷電の未完成品

設計図通りの形状


カーブした外観から見て、機体の中心部分であることは間違いありませんが、中央付近にふたつきの丸い穴が4つ、T字状に並んでいます。また、それとは反対側には台形のパネルが2つ、しっかり取り付けてあります。これらを手がかりに別のところで入手した雷電の設計図を見ると・・・・
なんと操縦席のすぐ目の前の部分にこれとまったく同じ形の穴が書いてあるではありませんか!設計図の文字が小さすぎて、何の穴なのかは読み取れませんでしたが、丸い方は位置から考えてエンジンに何かの操作を加えるためのものでしょう。(これもご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。エンジンオイルを入れるとか、プラグを取り付けるところとか?)

エンジン上部にある丸い穴
右の設計図とまったく同じ形状をしている

雷電の設計図
赤く塗った部分が今回発見された部品
中央にエンジンに関わる穴が表示されている

注!写真では直射日光が当たっている部分と木の影になっている部分の色が違って見えますが、このような模様はついていません。


未完成品だったから残った


この「機体の一部」は前の部分にリベット(釘とは違ってたたきつけて金属板を留める部品)で留めた跡がありません。また風防(操縦士の前の透明部分)を取り付けた跡もないので未完成品だったものと思われます。終戦時に進駐軍によって厚木飛行場や高座工廠に残された日本側の機体はすべて破壊され、谷に投棄されたそうですが、この「機体の一部」は組み立てられることなくうち捨てられていたのでしょう。だからこそ個人が持ち帰ることもできたのでしょう。

操縦席直前にある台形のふた

操縦計器を固定する部分
風防を取り付けた跡がない

操縦席前、台形のふたの裏側
これはリベットではなく、ねじでとめてある


操縦計器を固定する部分の裏
コードなどを通したと思われる


ジュラルミンは軽い!


さて、機体の一部とは言ってもこんなに大きな金属の板です。かなり重いだろうと思いながら片手で少しずつ力を加えてみました。すると!なんと軽々持ち上げることができてしまったのです。何という軽さでしょう!飛行機はスピードを上げるためにできるだけ軽くしたという話は聞いていましたが、こんなに軽いなんて!これが戦闘機か!
しかもただ軽いだけではなくそれが60年もの間雨ざらしだったのに、ぼろぼろにもならずにきちんと形を保っていたということにただただ驚きました。
しかしその一方で、もし敵の機銃掃射にあったら・・・それはひとたまりもないものに違いないということも実感しました。

残して欲しい昭和の遺産


○さんのお宅ではすでのこの「機体の一部」を必要とはしていらっしゃらないようですが、将来は公共の場で保存ができるといいのですが・・それも目に触れない収蔵庫とかではなく、市民が直接見ることのできる状態で展示し、工廠と戦争について考える場をつくる価値があると思うのです。
そのような場所や保管の手間をかける余裕はどこにもないでしょうかね・・・

第26話 グラウンドの道 解決編

2004年11月01日 00:00

第26話 グラウンドの道 解決編

第26話  グラウンドの道 解決編



 さて今回はたねあかし。ここに道ができる本当の理由は右の地図を見るとわかります。グラウンドの下に学校ができる前からあった本当の道が埋められているのです。
道以外のところは畑だったのですが、同じグラウンドの土でもその下の固さが違うことで水のしみ込み方や乾き方にちょっとした差ができるのです。

 これとまったく同じ現象のために、千葉県では田の中に埋まっていて誰も知らなかった古墳が飛行機から撮った写真によって発見されたり、外国ではジャングルや砂漠の中に埋もれた遺跡が人工衛星から発見された例があります。

 これはその場に立つより離れて見た方がわかりやすい現象です。他にもそんな場所があるかと思って座間市が急激に宅地化される以前の航空写真をじっくり見てみたいのですが、何せ写真が高価なのと注文しにくいのとで未だ実行していません。
図書館や地区文化センターなどに写真が貼ってあることもありますが、日焼けしていたりなぜかピンぼけだったりでほとんどわかりません。残念だなぁ。


今まめこぞうが写真で見つけたいと思っているのは、谷戸山公園の山にあったという寺の跡、桜田伝説の渋谷高間の屋敷跡などです。

第25話 グラウンドに浮き出る道

2004年09月20日 00:00

第25話 グラウンドに浮き出る道

第25話 グラウンドに浮き出る道


今回は長い休みをとってしまい、この連載が終了したと思われた方も多いようですが、今までとは変わった口調で始めたいと思います・・


さて今回のお話は栗原中学校のグラウンドが舞台です。小雨がぱらついたときや朝露がおりたとき、グラウンドにはっきりと白い道が現れることがあるのです。誰かがそこに何かしたわけでもないのに、いつも同じ位置に現れるのですが、そこで生活する生徒さん達の中でも気づいている人は多くありません。

校舎の昇降口前からわずかにカーブしながらグラウンドを横切り、ピッチャーマウンドのすぐ北側をかすめて西側フェンスのところで消えてしまう白い道…
まめこぞうはフェンスの外からそれを眺めてふと思ったのです・・・
「今日も彼らはここを通って帰っていったのかなぁ・・・」


 

話はかわって「妖怪百物語」

まめこぞうは1968年の大映映画、「妖怪百物語」を思い出していたのです。

ここでちょっと映画の解説を・・・悪徳商人但馬屋(たじまや)が寺社奉行と結託して江戸の町にたくさんある名も知れぬお社(やしろ)を払い下げてもらって取り壊し、新たな施設を作っては私腹を肥やそうとします。その情け容赦のないやり方に町民達は怒り、立ち上がりますが、財力を持った卑怯きわまりない人間が権力の後ろ盾を得てふるう暴力の前には歯が立ちません。
町人の抵抗むなしく社は引き倒されてしまいます。しかし・・・その時から妖怪達の祟り(たたり)が始まるのです。
まずは但馬屋を祟り殺し、そして寺社奉行の屋敷へ!

静かな夜・・誰もいないはずの屋敷の門が、ゆーっくり「ぎー」っと開き、しばらくすると、またゆっくり閉じる・・


無数に現れる妖怪達に取り囲まれ正気を失った奉行は最後に自刃して果てます。
妖怪に祟られたといっても妖怪は直接手を下さずに相手を一人ずつ死に追いやっていくのです。

ふたたび屋敷の門が開きます。そこからはさもうれしそうに踊ったり跳びはねたり走り回ったりしながら、棺桶(かんおけ)を担いだ妖怪達の群れがあふれ出してきます。
おどろおどろしい音楽に合わせたスローモーションの行進は、空が白む頃に彼方(かなた)へと消えていきます。

これこそ日本古来の「祟り」の形でしょう。
欧米の恐怖映画にあるような絶叫とか急に飛び出してバーっておどかすような怖さとは異質です。

勧善懲悪、因果応報、明治以前の日本的な神仏に対する考え方、日本人であるまめこぞうから見れば設定が完璧です。(でもいまいちなシーンもいっぱいあります・・今リメイクしたらかなりいいものができるかな?・・とか言いながらこの挿絵のひどさは大映関係者の皆様に申し訳ない!著作権の問題で本物の写真が使えないのでごめんなさい!)

主役の高田美和さんがとってもきれいだし藤巻潤さんはかっこいいし、そして何より・・・特別ゲストとも言える林家正蔵師匠の語る百物語がまさに日本的な怖さを作り上げています。


映画の中で但馬屋に古来のならわしを否定された正蔵師匠が反論するせりふに

「それはいけません。言い伝えというものはそれだけのいわれがあって昔っから伝えられてきたもので、おろそかにはできません。」


これ、「まめこぞうの旅」の根幹をなすものです。

現に座間市内でもお社にまつわる祟りの話は数々あるのです・・・

またいずれゆっくりお話ししましょう・・・

おーっと、栗原中学校の話が途中でしたね・・それはまた次回に続きます・・・

まめこぞう

ユーザー写真

ブログ説明

オリジナルカテゴリ

フォトギャラリー

150 / 212

全て表示する

カレンダー

総記事数: 39

2020 年 10 月
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.