体にいい組子ベッド

すのこベッドと組子ベッドの違い

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

布団を敷いて使うベッドといえば、すのこベッドが一般的かと思います。

「すのこには隙間があるから通気性は良い」

「敷きふとんをマメに干さなくても湿気対策は大丈夫」

そう思っていらっしゃる方が多いと思いますが、それは誤解です。

敷きっ放しの状態ですと、確実にすのこの表面にカビが発生します。

最悪、板が腐って折れてしまうということもあるそうです。

すのこは、定期的に表面を乾燥する必要があることと、

敷きふとんも日干しや乾燥機が必要になる…ということです。

組子ベッドは、すのこと比較すると敷きふとんとの接地面が違います。

すのこは『面』に対し、組子は『線』です。

つまり接地面が極小なので、組子は乾燥しやすいのですね。

敷きっ放しの状態でも自然乾燥するので、ベッドにも布団にも湿気が溜まりません。

『すのこ』と『すのこ+組子』という構造の違いで湿気も違うということです。

湿気が多くなるこれからの季節でも、
組子ベッドは快適です。

 快眠具.com