お手入れ

羽毛ふとん打ち直し(リフォーム)で注意すること

 プレミアムダウンウォッシュ 水洗い後のファイバーや塵

 プレミアムダウンウォッシュ 乾燥後のファイバーや塵

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

気温も上がり、そろそろ羽毛ふとんの打ち直し(リフォーム)

を考えている方もいらっしゃると思います。

そこで注意が必要なのが、羽毛リフォームでも作業の内容によって3種類あるという点です。

ポイントは、ふとんの側生地が付いた状態で洗う作業と、

解体して中身の羽毛のみで洗う作業の違いです。

日本羽毛製品協同組合では、3種類の認定ラベルを発行して内容を区別しています。

この中で、ふとんを解体して洗いと乾燥を行うのはプレミアムダウンウォッシュのみで、

洗いと乾燥の2工程でファイバーや塵を分別できます。

乾燥後には粒のしっかりしたダウンのみが残り、不足分は新しいダウンを加えて作るので、

新品に近い状態でふっくらと出来上がります。

プレミアムダウンウォッシュ以外の作業内容では解体後の洗いではないので、

塵やファイバーはそのまま残ってしまいます。

羽毛リフォームの価格の違い=作業内容の違い→出来上がりの違い…

ということになります。

羽毛ふとんの打ち直し(リフォーム)の際は、必ず作業内容を確認してください。

 
快眠具.com