コラム...独り言 ( 店舗 接客 社員教育 人材育成 事業継承 後取り 代替り オペレーション カウンセラー コンサルティング 神奈川 東京 横浜 大和 座間 海老名 綾瀬 )

マスクをしての接客ってどう思いますか?

 こんにちは。
タモ吉です。

毎年この時期から、GWにかけてよく見る光景。

マスクをしたままでの接客...
みなさんどう思われますか?

私的にはアウトです。

声が聞き取りにくかったり、
表情がわかりにくかったり...
なんて、会社のマニュアルみたいなきれいごと以前に
商売の、接客の本質を考えてみましょう。

ちなみに、お客様がマスクをしてご来店された際には、
お取り引き成功率は下がります。

タモ吉は常々接客業は心理学と考えておりますが、
人は何の気なしにお相手の心理を
表情や仕草から読み取っているわけです。
ですから、電話営業は成功率が低い。
相手が見えないことによる不安があるからですね。

それでは、接客する立場のスタッフがマスクをしているのは、
『マスクをしないで笑顔で接客』と
『笑顔で電話してるんですけど相手が見えない電話接客』の
中間に当たるわけで、
お客さんをどこか不安にさせているというわけです。

すると、スタッフからこんな言葉が聞こえてくるわけですが...
インフルエンザを感染されたくない...
花粉症だから...

これを聞いてどう思いますか?
感染されたくない...失礼にもほどがあります。
お客さんに感染させたくない...一見正しいのですが自己管理の問題です。
花粉症だから...個人の都合です。

予防注射に投資することも、
見えないところでうがいすることに時間をかけることも、
接客業なら当然必要なことです。
スーツに投資したり、化粧に時間をかけることと違いはありません。

こんな自分本位な店やスタッフに、
心を開くどころか、
お金を払う気にもなれません...
と、口に出さなくてもそんな風に思わなくもないわけで...
私なら、そんな風に考えますがいかがでしょうか?

マスクをした接客に違和感を覚えていらっしゃる皆さんの心理は、
こんなところにあるはずです。

こんな風に考えると
自己管理ができずに風邪を社員やスタッフに感染してしまう仲間は、
残念な存在ですね...


タモ吉