コラム...独り言 ( 店舗 接客 社員教育 人材育成 事業継承 後取り 代替り オペレーション カウンセラー コンサルティング 神奈川 東京 横浜 大和 座間 海老名 綾瀬 )

経営者と従業員...考え方の違いの溝はどうやって埋める?

 こんにちは。
タモ吉です。

経営者、リーダーからよく耳にする言葉ですが、
「会社の経営は大変だ。経営者の気持ちをわかっていない。」
「経営者の考え方を持って働いてほしい。」
挙句、「自分の金じゃないからそんな風に...」と
自ら関係を壊す発言まで飛び出します。

そもそも、経営者と従業員。
その最大の違いはなんでしょう?

経営者は目の前にある100を101、102と増やすことを考えています。
従業員は目の前にある100をどうやりくりしていくかと考えています。

違いは経営者は増やす(会社の成長と安定)ということを考え、
従業員は上限の決まった収入の中からどうやりくり(生活の安定)するかを考えていること。

もっと言えば、将来を見ているのか、今に追われているのか...という違いです。

日本の平均所得は537万円らしいのですが、
500万円として、12等分すると41万7千円ほどでしょうか?
手取りで32−3万円でひと月をやりくりすると考えれば、
子供が私立大学へ行ったりすればひと月10万円以上はかかるわけだし、
都市部で住宅を借りたり、返済に〜10万円ほどかかっていれば、
将来に対しての蓄えは?なんて疑問も湧いてきて、
守りの姿勢から、
将来に対しての投資だったり、
危ない賭けに出るような仕事の仕方はできません。
現状維持をどうやってしていくのか...なんて縮小均衡な考え方になるわけです。

その従業員に「経営者の考えで働け」と言っても限界があります。
せいぜい、口だけ同調するのが精一杯でしょう。

これがイエスマンを作る方法です。

それでも会社も頑張っているところがありますから、
会社は「何々をしてあげてるのに...」と言います。
でも、それは会社の都合。
従業員に理解できるわけもなく、
ここに溝が完成します。

接客業でよく言われる言葉で似たような言葉があります。
「お客様の身になって考える」
私も最初は理解できませんでした。

何が問題でしょう?
具体的な指導、教育は?

今日のお話はここまで。(笑)

気が向いたらその溝の埋め方をお話しします。


タモ吉