畳くん

ぼく、「畳くん」!

「畳くん」。

近年、「畳くん」はヒジョーに辛い立場に立たされてる。
いや、辛いどころか
もう、立つ瀬が無い!と言った方が近いかもしれない。

それに引き換え「ヤツ」はいい。
近年、「畳くん」にうって変わって
大変な人気だ。

そう、「ヤツ」・・・。
「フローリングくん」だ!
そりゃあ、ヤツもいい。
良さは認めようじゃないか。
でも、硬くないか?冷たかぁないか?
あの、COOLな表情、スマートなたたずまい。
確かにカッコいい。

でも、「畳くん」をよく見て欲しい。
実にいいじゃないか。
あの、日本的な表情。
しょうゆ顔だ。
ところがああ見えて
外国人受けする。

優しい感触。
じいちゃんが転んでも、子供がコケても
「畳くん」はやさしく受けとめてくれる。
なんてったってわざとらしくない。
自然なんだ「畳くん」は。

そう、
「畳くん」はいいやつなんだ。

こんな「畳くん」を
いとおしく思う
今日この頃のたみちゃんでした。